読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書評 『反哲学入門』木田元

書評

口述されたものをまとめた本ということらしく、とても読みやすかった。

内容を大雑把に説明すると、プラトン以降ニーチェより前までの哲学は、超自然的原理を設定しそれを参照して自然を見る立場であり、そういう哲学は自然に生きたり考えたりすることを否定している。

そして著者はそういう哲学に反対していてそれが反哲学なのだという。

もう少しくだいて言えば、反哲学とは自分たちが存在するものの全体の中にいながらその全体を見渡すことのできる特別な位置につくことができるいう考えを批判するものである、ということだ。

そこを読んだら、ニーチェがカント哲学の先天的総合判断など可能であるはずがない、と主張していたことを思い出した。

ソクラテスがあれだけ饒舌な皮肉屋なのに腹の中に言いたいことなんて一つもない、というくだりも言われてみればそうだよなあと同感した。

普通皮肉というのは言いたいこととあえて逆のことを言って、言いたいことを強調する表現方法なはずだが、ソクラテスには積極的に知っているといえることなどひとつもないのだから、片っ端から否定していく。

そこがソクラテスのおもしろいところだし、それを的確に捉えた表現も納得だった。

ニーチェのことが書いてある第五章が特に興味深かった。

しかしニーチェをどう解釈するかはほんとに幅があるって言うか、人によってかなり違うと今更ながら感じた。

ニーチェの文章の一つ一つは彫り込まれたように確実で美しいのだが、著作全体の印象となると読む人によってまるでちがったものを与えてもおかしくない。

ニーチェ著作の多くはまとまった論文形式ではなく、断片的なアフォリズム形式になっているということがその理由の一つだ。

またニーチェの思想自体が時間とともに変化していくので、どの時点のニーチェを捉えるかによって解釈が違ったものとなるのだ。

そういう点ではニーチェは20代で主著を書いて以降の著作はその補足としたショーペンハウアーと実に対照的だと思った。

 

反哲学入門 (新潮文庫)

反哲学入門 (新潮文庫)