読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今更ながらリメイクDQ8をクリアした感想

発売日に買ってラスダン直前で何となく飽きてしまい放置してたDQ8をクリアした。

もう発売から一年以上経つから今更ネタバレしても誰も怒らないだろう。

だからネタバレありで追加要素について感想を書きたいと思う。

いきなりエンディングについて言うと、リメイク版だとゼシカと結ばれるエンディングが追加されている。

ミーティア姫と結婚する通常のエンディングが、主人公の出生の秘密を知る前と知った後で2種類あるのに対応して、ゼシカエンドも2種類ある。

出生の秘密を知る前の場合、チャゴス王子との結婚式から逃げ出したあと、馬車の中でミーティア姫に主人公には想っている人がいるのでしょう的なことを質問された時に、はいと答えるとゼシカと旅立ちエンドになる。

ゼシカと旅立ちエンドはスタッフロールのあとに、主人公とゼシカの二人旅の一場面がちょこっと描かれて終わりで、正直たったこれだけかと思った。

出生の秘密を知った後の場合は、ミーティア姫とチャゴス王子の結婚前夜にクラビウス王にアルゴンリングを見せるのが第一のフラグとなる。

そして二人の結婚に異を差し挟み、尚且つ自分にはミーティア以外に想っている人がいると答えれば、ゼシカとの結婚エンドになる。

この時クラビウス王にお前は自分が何を言って何をしようとしているのかわかっているのかというような説教をされることになるのだが、自分でプレイしながらもっともな説教だと感心してしまった。

たしかに近衛隊長になったとは言え、一兵士の主人公が王族の結婚式をやめさせようとして、さらに実はあなたの国の王位継承権があるなんて言ったら下手したら消されかねない。

で、ゼシカと結婚エンドだが、これはミーティア姫とチャゴス王子の結婚式が両国の王の合意によって取り消しとなり、そして両王の計らいにより主人公とゼシカの結婚式となるというもの。

こっちはしっかりゼシカの気持や主人公の行動が描かれていてボリュームがあった。

しかしいろいろ疑問はある。

まずクラウビウス王にミーティア以外の思い人がいるとは言ったがそれがゼシカだとは言わなかった気がすることなのだが、それはまあトロデ王にはミーティアでなければゼシカ以外にないとわかったのだろうか。

もう一つ、ゼシカが主人公のことを特に好いている描写があったかどうかがプレイヤーの私の記憶にないのも疑問である。

ゼシカ曰く、最初は主人公のことを頼りなく思っていたが、杖に操られたゼシカを助けたときから主人公に対して想いを寄せるようになったということだが、特にゼシカの態度が変わった記憶はなかった。

仲間との会話はあんまり見なかったのでわからなかったのだろうか。

それにしても、どちらのゼシカエンドについても言えることだが、ミーティア姫が可哀想だなと思った。

というのはミーティア姫が主人公に対して特別な想いを抱いているのはプレイしていてわかったからだ。

その他の追加要素についても短いが書くと、仲間が追加されたことについてはリメイクDQ8モリーゲルダが仲間にできるようにするならリメイクのDQ7でフォズを仲間にできた方が正直嬉しかった。

ドルマゲスの追加ストーリーはもう少しひねりが欲しかったが、逆に写真クエはちょっとひねりがききすぎてるのが多かった(特に金のスライム)印象。

ジャハガロス関連はなかった方がよかったかも。

マルチェロは行方不明のままの方がまだ威厳があった気がしないでもないからだ。

DQ9のサンディがフィールド上にでることがあるらしかったが、結局出会えずじまいだったのは残念。

フルボイス化についてはボイスを飛ばしてしまうことがほとんどだったのでイベントシーン以外のボイスはいらないのかもと思った。

最後に総合的な感想だが、リメイク前のDQ8は3,4周するくらいはまったが、今作は写真クエストなど追加要素が増えすぎて何周もしようという気にはなれなかった。

だが、一つのセーブデータを極めようというモチベーションは結構出てレベル80近くまで上げてしまった。

リメイクとしてレベル上げが非常に楽だったのは嬉しかった。

今からDQ8をやりたいのならさくさく進めるリメイク版の方がいいのかもしれない。